「尿酸値が高い」とあったら?どうすべきか

尿酸値が高い時はこう対処する!

健康診断など、検査結果で「尿酸値が高い」とあったら?どうすべきか、原因や尿酸値について解説しています。尿酸値が高いと痛風の危険性があります。まずはホルモン料理は控え目に、高尿酸血症の治療は薬物療法が有効です。

尿酸値が高いと痛風の危険性が

尿酸は細胞内で新陳代謝が行われた結果、最後にできる老廃物の1つです。尿酸は血液や水に溶けにくいので、血液中に尿酸が増えると、結晶になってからだのあちこちに沈着します。また、尿の中で結晶になると、尿路結石を作りやすくなります。尿酸の結晶は針のようにとがっており、関節の中で結晶になると、激痛をおこす「痛風発作」を起こします。皮膚の下に結晶がたまると、「痛風結節」というこぶを作ります。それだけではなく、尿酸は腎臓にも沈着しやすく、腎臓の働きを悪くします。そのため、適切な治療方法のなかった頃には、尿毒症をおこして死につながる病気でもあったのです。

尿酸値ガ高くなる原因

尿酸値が高くなる原因には次のようなことがらが関係しています。
①肥満(太りすぎ)
②プリン体を多く含む食べ物の摂りすぎ
③多量の飲酒
④激しい運動
太りすぎている人は、それ自体が、尿酸の尿への排泄を悪くしていると言われています。その上、太りすぎの人は大抵の人が食べすぎで、プリン体を多く摂取している人が多いと思われます。
多量の飲酒は、肝臓での尿酸の合成を高めると言われています。また、飲酒は「痛風発作」を誘発するとも言われています。禁酒をする必要はありませんが、1日に、日本酒1合(または、ビール1本、ウィスキーダブル1杯)程度にしてください。
激しい運動をすると、筋肉をよく使い、全身の新陳代謝を高めますので、尿酸も多く産生されます。プロスポーツ選手やそれに近い激しいスポーツをする人は、運動量が多いこととともに、肉類も多く食べる人が多く、高尿酸血症の人が多いと言われています。成人病の予防のためには運動が必要ですが、尿酸値の高い人は、尿酸値を下げる治療を受けながら運動するようにしてください。

ホルモン料理は控え目に

プリンという構造を持っている物質をプリン体と言います。肝臓や腎臓などの動物の内臓、肉エキス、肉汁、油漬けいわし、「きなこ」などには特に多くのプリン体が含まれています。
そのほか、肉類(獣、鳥、魚)とその加工品(ハム、ソーセージ、ベーコン)、豆類(大豆、あずき)とその加工品(みそ、納豆)にも比較的多くプリン体が含まれています。
動物の内臓を使う「ホルモン料理」や焼肉を食べながらビールを飲む、というのが大好きな人は要注意です。

尿酸値を下げるには

太りすぎている人は、まず、体重を減らしましょう。そのためには、食事制限が必要です。特に前記のようなプリン体を多く含む食品は控えた方がよいでしょう。しかし、断食をしたり、急激な減量は「痛風発作」を誘発することがありますから、時間をかけて減量してください。また、食事制限だけで減らせる尿酸はわずかだと言われています。あまり極端な食事制限をする必要はありません。
水分を多目に摂って、尿量が多くなるようにしてください。尿酸は腎臓から尿とともに排泄されます。排泄された尿酸が尿中で結晶になって結石になるのを防ぐためにも、尿量を多くすることが大切です。1日の尿量が2リットル以上になるように、十分に水分を摂りましょう。
しかし、腎臓や心臓に異常のある人は水分を摂り過ぎてはいけない場合が多いので、必ず、主治医と相談してください。
尿酸結晶にみる痛風結節

高尿酸血症の治療は薬物療法が有効

現在では、高尿酸血症の治療は薬物療法を行うのが原則です。治療薬には、尿酸の合成を抑える薬、尿酸の排泄を促進する薬、尿の酸度を変えて結石を作りにくくする薬などがあり、いずれも副作用はほとんどありません。適切な食事制限は必要ですが、苦痛を伴うような極端な食事療法は不必要です。適度に食事も楽しみながら治療をしてください。
以前は、「痛風発作」が起こって初めて、高尿酸血症に気付くことが多かったのですが、最近は、健康診断を毎年受けていれば、「痛風発作」を起こさずに治療することが可能になりました。

「痛風発作」が起こったら

ある日、激しい痛みで目が覚めます。多くは、足の親指の付け根が赤く腫れています。熱を持っていて、ちょっとの動きでも激痛を起こします。風が吹いても痛むと言われています。このような痛みを「痛風発作」と言います。足のほか、手の指、膝など他の関節にも起こることがあります。「痛風発作」が起こって、治療しなければ普通1~2週間、痛みが続きます。ときには、歩くこともできません。「痛風発作」が起これば、必ず、医師にかかりましょう。単に関節に尿酸の結晶がたまっているだけでなく、強い炎症を起こして痛みや腫れを起こしているのです。まず、痛みを取り、炎症を抑える薬が必要です。治療をすれば比較的早く症状は消失します。しかし、これで終わりではありません。高尿酸血症は依然として続いています。痛みはなくなっても、高尿酸血症があれば、知らないうちに腎臓や血管などに尿酸が沈着するのは進行していますので、必ず、尿酸値を下げる治療をしなければいけません。治療は、原則として、一生必要です。薬は自己流に飲んではいけません。必ず、定期的に、検査を受けて、医師の指示に従って治療をしてください。放置していると、いずれまた、「痛風発作」が起こります。

ストレスも「痛風発作」の原因に

最近はストレスも「痛風発作」の原因になると考えられています。近年、「痛風発作」が多くなっているのは、食事内容が欧米化し、贅沢になったのが第一の原因でしょうが、現代社会のストレスの多さも関係しているかもしれません。また、仕事の後に、酒びたりになったり、休日に過激な運動をしすぎるのもよくありません。休みの日はのんびりと過ごすのも必要なことです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP