胃ガンの早期発見、胃X線検査について解説しています。。名称は「胃検診」となっていますが、この検診の主な目的は胃ガンの発見です。

胃ガンは日本人に1番多いガンです

胃X線検査では、食道・胃・十二指腸を検査しますので、これらの部位の病気はすべて診断の対象になります。(下図)

胃X線検査部位

実際の検診結果でも下の表のように、大部分は胃ガン以外の診断結果です。

胃検診所見の内訳

グラフのように、日本人のガン死亡率のうち、男女ともにもっとも多いのが胃ガンです。

最近、胃ガンの死亡率が減少していますが、この原因は胃がんの発生率が少し減少してきたことのほかに、胃ガンになっても治ることが多くなったためと考えられます。

胃ガンになっても助かるためには、早期発見がもっとも重要です。現在では、早期胃ガン※のうちに発見されれば、98%の人が完全に治るようになっています。しかし、胃ガンができて自覚症状が出てから検査したのでは、進行胃ガン※※になっている場合が多く、助かる可能性も減ってきます。

胃の調子が良くても、悪くても、2〜3年に1度は胃検診を受けてください。

普通、胃ガンが発生しても、数年間は早期胃がんの状態が続くと考えられています。

臓器別ガン死亡率の割合総数
臓器別ガン死亡率の割合男
臓器別ガン死亡率の割合女

※早期胃ガン(下図)
胃ガンが胃粘膜内かその少し下(粘膜下層)にとどまっているもの。

早期胃ガン

※※進行胃ガン(下図)
胃ガンが胃の筋層以上に深く拡がっているもの。

進行胃ガン

胃の調子の悪い人の大部分は良性の病気

胃の調子が悪いからといって、すぐに胃ガンを心配する必要はありません。99%の人は胃炎か、せいぜい胃潰瘍などの良性の病気です。しかし、まれには胃炎や胃潰瘍に胃ガンが合併していることがあります。

個人的に病気などで診察を受け、医師から検査をすすめられたら、胃検診を受ける予定になっていても、そのときに胃X線検査や胃カメラ検査※を受けてください。その結果、異常がなければ、数ヶ月以内には、胃検診を受ける必要はありません。病院・診療所・検査機関での人間ドックなどで行っている胃X線検査と胃検診で行う検査は、ほとんど同じ内容です。
(〜胃部X線検査のページを参照〜)

逆に、胃検診を受けて異常がなくても、その後に胃の調子が悪くなったときは、胃X線検査を再度行うより、胃カメラ検査を受ける方がよいでしょう。

関連リンク

Copyright (C) 胃ガンの早期発見!胃X線検査 , All rights reserved.